高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram
 

外パリ中フワ食べてみてみて高知の旨い鰻屋3選 美食おじさんマッキー牧元の高知満腹日記セレクション

       

この情報は2022年6月19日時点の情報となります。

立ち食いそばから割烹、フレンチからエスニック、スイーツから居酒屋まで、年間600回外食をし、料理評論、紀行、雑誌寄稿、ラジオ、テレビ出演を超多忙にこなす美食家・食べ歩きストのマッキー牧元さんが高知の食材・生産者さんをめぐって紹介する「高知満腹日記」。今回はマッキーさんの高知満腹日記で人気の高い「鰻」の旨いおススメ3店をご紹介します。

line

高知の鰻は開き方は関東流の背開きで、焼き方は「地焼き」と呼ばれる、蒸さずにそのままタレをつけながら焼く関西流。

食感は外がパリッとしていて、中がフワッ。

ごはんにもお酒にも合う高知の地焼き鰻の美味しいお店3店をマッキーさんが巡ってきました。

散々食べつくした高知の鰻屋さん、まだまだ美味しいお店がありました。

 

「食いしん坊心をくすぐる地焼きのもっちり鰻重に歓喜」高知県高岡郡佐川町甲「大正軒」

ご飯の上で飴色に焼かれたうなぎの蒲焼が、ふっくらと膨らんで、その身を誇っている。

ごくり。

思わず唾を飲み込んだ。

あとはもう、脇目も振らず、一気呵成である。

噛めばもっちりとして、歯がうなぎに包まれる。

身の中はタレにマリネされたように、タレとうなぎの甘みが渾然一体となって、味が濃い。

タレは濃密で、たっぷりとかかっている…

続きを読む▶▶食いしん坊心をくすぐる地焼きのもっちり鰻重に歓喜「大正軒」

 

「珍味!鰻の肝の煮つけと蒲焼でご飯が止まらない」高知県南国市久礼田「うなぎ処 福」

高知の人はうなぎ好きである。

高知県では、5軒ほど鰻屋を回ったが、どこも人気である。

特にこの店は、かなりの客数だが満席で、家族からカップルまで楽しまれている。

メニューを開いて珍しい料理に目が止まった。

肝(煮付け)400円とある。

うなぎの肝焼きならわかるが、煮付けを出す店は、聞かない。

そこで、肝と鰻重を頼んだ…

続きを読む▶▶珍味!鰻の肝の煮つけと蒲焼でご飯が止まらない「うなぎ処 福」

 

「高知の人気フードコートでいただく美味なる地焼きのうなぎ」高知県高知市帯屋町2丁目 ひろめ市場内「ひろめの鰻処 まん」

何気なく頼んだ「肝のタレ焼き」が運ばれてきて驚いた。

なんと四十匹分ほどの肝が、小鉢にこんもり盛られているではないか。

「すいません、日本酒はなにがありますか?」

この光景を見たら、昼でも飲まずにいられない。

しかもこんな時間に飲んでも、まったく気にならない、ここは飲兵衛天国「ひろめ市場」である。

肝の掃除を丹念にやられているのだろう。

えぐみも生臭みもない。

甘辛いタレの味から顔を出す、肝のほろ苦味が酒を呼ぶ…

続きを読む▶▶高知の人気フードコートでいただく美味なる地焼きのうなぎ「ひろめの鰻処 まん」

 

いかがでしたか?

高知の鰻、美味しそうでしょ?

今年の土用の丑の日は7月23日。

高知の地焼き鰻を是非召し上がってみてください!