高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram
 

映えスイーツにスパイスカレーそしてエステ!癒しが詰まったコミュニティスペース「33」ほっとこうちオススメグルメ情報

       

この情報は2022年11月24日時点の情報となります。

高知を元気にする応援団を屋号に掲げる出版社「ほっとこうち」がオススメする、高知のグルメ情報を紹介していくシリーズ。今回は土佐市にオープンした、美味しい&癒しが詰まったコミュニティスペースをご紹介します!

line

高知市中心部から車で30分弱。今回訪れたのは、土佐市の住宅街にオープンした「33(サンジュウサン)」だ。

こちらはシェアスペースとして運営していて、カフェをはじめエステや耳つぼマッサージなど、素敵なお店が集まっている場所。

カフェメニューには、「Lenny cafe」が提供するオーガニックコーヒーやスイーツ、「ken kitchen」が提供するスパイスカレーなどがあり、SNSを中心に話題になっている。

こちらは、「抹茶のクロッフル」(680円)。

クロッフルとは、クロワッサンとワッフルを掛け合わせた言葉で、クロワッサンの生地をワッフルメーカーで焼いて仕上げる韓国発祥のスイーツ。

試作を重ねた自慢の生地は、驚きの食感。

外はサクッと、中はモチッ、心地よい食感に心も弾む。

抹茶の他にも「苺のクロッフル」、「ショコラとベリーのクロッフル」、「お芋のクロッフル」(各720円)、紅茶のクロッフル(680円)などがあるので、好みの味を探してみてほしい。

お次にいただいたのは、「トマトの豆カレー」(1000円)。

「辛さがないカレーに仕上げています」と話すのは、「ken kitchen」の店主。

写真の「トマトの豆カレー」のほか、「ココナッツカレー」、「ナスとトマトのカレー」の3種類があり、すべてのカレーに高知県産の食材をできるだけ使用していて、無添加・グルテンフリーの健康に配慮した仕上がりとなっている。

そして、副菜やサラダには、野菜がたっぷり!

カレーは、食材の旨味がギュギュッと凝縮されていて、スパイス感はあるが辛味は感じられない。次から次へ口に運びたくなる、ヘルシーなカレーを是非ご賞味あれ♪

ここで、お店を営む安岡さんにお話を伺った。

-店名の由来を教えてください。

安岡さん:もともと吾川郡いの町で、「耳つぼ33」というサロンを開いていました。この「33」という店名は耳からとった「33(ミミ)」というのと、いの町のサロンが国道33線沿いにあったことから名づけました。そして、土佐市に引っ越してきて「コミュニティスペース」として再オープンするということで、「33」とつけました。

-お店のコンセプトについて教えてください。

安岡さん:「人と人の繋がりを大切に」をコンセプトにした、新しいスタイルのお店です。困っている人たちの背中を押したり、心の休憩所になれるような空間作りを目指しています。

-読者にひとことお願いします。

安岡さん:「33」はカフェやカレー屋さん、リンパマッサージなどたくさんのお店が入っています。この空間でお店を堪能していただきたいのはもちろんですが、「つながる、つなげる」というコンセプトに沿うよう、来てくださった方々の居場所となって皆さんの背中を押せる場所になりたいと思っています。たくさんの方と出会えることを楽しみに、皆様のお越しをお待ちしております。

食事やスイーツをいただき、挽きたてのコーヒーの香りを楽しみ、エステや耳つぼで癒される。至れり尽くせりな空間で、ホッとひと息ついてみてはいかがだろう。

 

33

住所:土佐市蓮池2330-1
TEL:090-7143-4541
営業時間:「33」午前8時~午後5時、「Lenny cafe」月曜~金曜は午前10時30分~午後5時、土曜は午前8時~午後5時、「ken kitchen」水曜~金曜は午前10時30分〜午後3時、土曜は午前8時〜午後5時
定休日:「33」「Lenny cafe」日曜、「ken kitchen」日曜~火曜
P:7台

 

提供:ほっとこうち
https://hotkochi.co.jp/