高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram
 

高知グルメを食べ尽くしたフードジャーナリストがプライベートでリピートするお店3選 美食おじさんマッキー牧元の高知満腹日記

この情報は2022年3月6日時点の情報となります。

立ち食いそばから割烹にとんかつ、フレンチにエスニック、そしてスイーツから居酒屋まで、年間600回外食をし、料理評論、紀行、雑誌寄稿、ラジオ、テレビ出演を超多忙にこなす「美食おじさん」ことフードジャーナリストのマッキー牧元さんが高知の食材・生産者さんをめぐって紹介する高知家の〇〇の人気連載記事「高知満腹日記」。今回は、高知のグルメを食べ尽くしたマッキー牧元さんがリピートするお店3店をご紹介します。

line

年間600食の外食をする美食おじさんことマッキー牧元さん。

この「高知家の〇〇」の人気コーナー「高知満腹日記」でも、高知の西から東まで、100軒以上のお店を食べ歩きました。

そんなマッキー牧元さんが、プライベートでも食べに行くお店3店をご紹介します。

 

高知を食べ尽くしたフードジャーナリストが友人知人に真っ先にすすめる カツオの刺身の概念が変わる店「ゆう喜屋」高知市帯屋町1丁目 

「高知に今度行くんだけど、どこかおいしいところ教えてください」。

近年、知人や友人から、そう聞かれることが多くなった。

その時、真っ先に教えるのが、ここ「ゆう喜屋(ゆうきや)」である。

高知を旅する初心者にとって、まず食べ物でイメージするのは鰹のタタキだろう。

高知を代表する料理で、街を歩けばどの店も鰹のタタキを置いてある。

それらの店は東京で食べるそれより、質は高い。

だが、その中で「ゆう喜屋」は図抜けている。

この店を紹介する時、僕は必ず言う。

「カツオの刺身の概念が変わるから」…

続きを読む▶▶高知を食べ尽くしたフードジャーナリストが友人知人に真っ先にすすめる カツオの刺身の概念が変わる店「ゆう喜屋」

 

炒飯、酢豚に豚足、餃子!全料理制覇したい絶賛キングオブ町中華「宝永」高知市廿代町

いったいこの人の頭の中はどうなっているのだろう?

僕がキングオブ町中華と認定して、愛してやまない「宝永」の74歳となるご主人である。

例えば炒飯である。

「炒飯は、ちょっと甘い方が美味しいんだ。だから煮豚を炊いたタレを少しいれる。醤油ではダメだね」。

「炒飯は、バラバラがうまいっていうでしょ。それ違うんだな。ちょっともっちりが一番美味しい」。

それぞれの料理に、なにが美味しいかという「ことわり」がある。

老主人の作る炒飯は、なぜか懐かしく、暖かく、一度口にしたら止まらない…

続きを読む▶▶炒飯、酢豚に豚足、餃子!全料理制覇したい絶賛キングオブ町中華「宝永」

※宝永は2022年6月閉店しました。

 

本場イタリアから「エクセレンスイタリアン」の称号を贈られた変態シェフのイタリア料理店で美味ランチ「トッラトリア トロドーロ」高知市菜園場町4丁目

朝起きると、まだあの温かみのある味の余韻が残っていた。

昨日食べた、「トラットリア トロドーロ」の変態シェフが作る「リボッリータ」の美味しさである。

まだまだ食べたりないぞ、と胃袋が言っている。ならば、他の料理も食べなくてはいけない。

そして、あの山本シェフの変態ぶりをもう一度、確かめなくてはいけない。

そう勝手に理由を付けて、二日連続で出かけた。

営業確認の電話をすると、「どうぞお待ちしています」と、電話口で笑っている…

続きを読む▶▶本場イタリアから「エクセレンスイタリアン」の称号を贈られた変態シェフのイタリア料理店で美味ランチ「トッラトリア トロドーロ」

 

美食おじさんマッキー牧元さんがリピートするお店3選、いかがでしたか?

高知にはまだまだ美味しい店がたくさんありますから、これからも紹介していきますね!お楽しみに!

高知グルメ情報をもっと見る