高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram
 

高知で押さえるべき特産品は?旅行で食べたいご当地グルメ&人気のお土産も紹介

この情報は2022年8月17日時点の情報となります。

line

高知といえば鰹が有名ですが、フレッシュなゆずをはじめとする柑橘系の果物や野菜、海や川の幸など、他にもたくさんの特産品があります。高知へ旅行に行く前に、特産品をチェックしておきましょう!

この記事では、いつか高知への移住を夢みている高知好きの女性ライターが、おすすめの特産品と食べておきたいご当地グルメ、お土産にぴったりのアイテムを紹介します。

 

高知で味わうべき特産品5選

坂本龍馬ゆかりの地として知られる高知県は豊かな自然に恵まれた土地で、海と川、山の食材の宝庫でもあります。まずは、高知の特産品について紹介します。

ド定番で外せない「 鰹(かつお)」

高知といえば鰹は外せません。高知の鰹は伝統的な一本釣り漁法。身だけでなく内臓も塩辛(酒盗)にして食べられています。

鰹には旬が2回あり、春の「初鰹」は香りが良くあっさり、秋の「戻り鰹」は脂がのっていてとろりとした食感が魅力です。

県内各地には、地域や店によってタレや薬味が異なるので、一口に「たたき」といっても、さまざまな味わいが楽しめます。とくに、高知ならではの「藁焼き」や「塩たたき」は素材の旨みを最大限に味わえるので、召し上がってほしい逸品です。

 

生産量日本一を誇る「ゆず 」

高知は、日本一のゆずの産地でもあり、香りが強く、味も深みがあるのが特徴。

寒暖差の激しい高知の気候で生産されるゆずは、サイズも大きく、色合いも美しいため、全国的にも高い評価を受けています。ゆず王国である高知の中でも、馬路村と北川村はとくに有名で、そのゆずをふんだんに使用したポン酢などが特産品として有名です。

 

高知が生んだ地鶏「土佐ジロー 」

高知県の特産品3つ目としておすすめなのが、高知特産の地鶏「土佐ジロー」です。土佐ジローは、高知県が20数年に渡り研究開発を重ねてきた結果、高知県原産の土佐地鶏を父に、アメリカ原産のロードアイランドレッドを母として誕生した卵肉兼用の地鶏です。

限りなく自然に近い環境で、安全で健康にも配慮した飼料を用いるなど、こだわりの飼育環境で育てられた土佐ジローの卵と肉は、とにかく味が濃厚!栄養価も抜群で、一口味わっただけですぐに違いが実感でき、一度食べるとその味は忘れられません。

 

甘みと旨味が凝縮した「フルーツトマト」

高知県はフルーツトマト発祥の地!フルーツトマトとは、品種名ではなく、水分を極力控えて栽培した、糖度8度以上を目安としたトマトを総称して言います。一般的なトマトの糖度は4~6度ぐらいですが、フルーツトマトには果物並の糖度があるものもあり、このように呼ばれています。産地や生産者によって、見た目や味が異なるので、さまざまな味や食感が楽しめます。

 

ブランド魚としても知られる室戸の「金目鯛」

鰹が有名な高知ですが、高知県東部の室戸沖は、全国有数の金目鯛の主要漁獲地でもあります。「土佐沖どれキンメダイ」のブランド名で知られている金目鯛は、上質な脂肪分が多いのが特徴で、刺身、煮つけ、汁ものなどどんな料理にしてもおいしい魚です。

室戸市には、沿岸近くの漁場で獲れる、鮮度の高い状態で水揚げされた金目鯛を使った、ご当地グルメがたくさんあります。

 

高知の特産品を使った人気のご当地グルメ

たくさんのおいしい特産品を持つ高知へ行ったら、ぜひ味わってほしいのがそれらを使ったご当地グルメ。ここでは先に紹介した5つの特産品を使ったおすすめご当地グルメを紹介します。

また、ライターおすすめのグルメスポットも一部紹介します。

本場の味を堪能「鰹のたたき」

高知の鰹を味わうなら、まずはたたきがおすすめです。高知の鮮魚店や飲食店では、鰹の藁焼きも見られます。藁を使って高火力で一気に焼き上げ、鰹特有の臭みを消して旨味を引き立てています。

高知名物「鰹のたたき」の薬味は、おろしショウガではなくスライスしたニンニクが一般的です。最近では、塩を振って食べる塩たたきも人気。ポピュラーな食べ方のタレやポン酢はお店によって味が違うので、食べ比べてみるのもおすすめですよ。また、高知の郷土料理「皿鉢料理」なら、一皿に鰹のたたきや寿司、焼き物などがてんこ盛りにされています。

本場の豪快な藁焼きや鰹のたたき作りを体験するなら、こちらもおすすめです。

黒潮工房

【住所】高知県高岡郡中土佐町久礼8009-11
【電話番号】0889-40-1160
【アクセス】JR高知駅より車で約1時間

 

調味料だけじゃない!名産地ならではのスイーツ「ゆずソフトクリーム」

 高知では、ポン酢と言えばゆずが一般的。お鍋や魚にかけるのはもちろん、ドレッシングなどの調味料にも使われています。調味料や薬味として使用する以外にも、ゆずを使ったスイーツも人気です。

ゆずを使ったスイーツでおすすめしたいのは、ソフトクリーム。ゆずの名産地である馬路村や北川村を始め、道の駅やサービスエリアでもゆずソフトクリームが食べられます。ゆずのほろ苦い風味とソフトクリームの甘さが絶妙にマッチした、高知ならではのスイーツを堪能してください。

馬路村農協アンテナ店 umaji

【住所】 高知県高知市南久保7-40
【電話番号】088-856-5544
【営業時間】9:30〜18:00
【定休日】水曜日
【アクセス】JR高知駅より車で約7分

 

様々な料理で食べ比べたい土佐ジロー 

自然に近い状態で育てられた土佐ジローは、卵はもちろん肉もおいしい鶏です。土佐ジローの卵は一般的な鶏卵より小ぶりですが、卵黄が大きく味も濃厚。コクのあるしっかりとした味わいが魅力です。

肉は弾力がありながらも、脂質が少なく、旨みが凝縮されていて噛めば噛むほど深い味わいを楽しめます。ぜひ、すき焼き、親子丼、むね肉のたたきなどさまざまな土佐ジロー料理を楽しんでください。

土佐ジローの肉や料理で有名なのが「はたやま夢楽(むら)」。土佐ジローを食肉用として専門に飼育加工販売する唯一の農業法人で、自社の職人が1羽ずつ手さばきで加工し、全国へ向けて発送しています。赤身が濃く、滋味溢れる味わいが特徴で、飲食店のシェフからも好評です。

そんな土佐ジロー尽くしの料理を堪能したい方は、こちらがおすすめです。

土佐ジロー専門店「はたやま夢楽(むら)」※宿泊は「ジローのおうち」

【住所】 高知県安芸市畑山甲1001番地2
【電話番号】070-1494-7689
【アクセス】JR高知駅より車で約1時間半

 

フルーツトマトを使った「南国土佐のオムライス 」

高知市から西へ車で約30分のところにある日高村は、フルーツトマトブランドの一つ「シュガートマト」の産地として有名です。そんな日高村では、シュガートマトを使ったおいしいオムライスが食べられる「日高村オムライス街道」として、オムライスを目玉に村おこしを行なっています。

なかでも人気は、フルーツトマトのソースを使った南国土佐のオムライスです。オムライスにトッピングされたゆずと生姜風味の鰹のフリッターをはじめ、米・卵・ベビーリーフも高知の食材を使用しています。

ふわトロの卵と、ほのかに酸味を感じるさっぱりとしたシュガートマトソースの相性は抜群です。

レストラン高知

【住所】高岡郡日高村岩目地713
【電話番号】0889-24-5739
【アクセス】JR高知駅より車で約35分

 

新鮮で上品な味わいを楽しめる「室戸キンメ丼」

室戸市は、金目鯛の漁獲量が西日本一。室戸沖の海底は急な傾斜になっており、沿岸近くの漁場でも水深が深いのが特徴。そんな漁場の近さを活かしてとれる金目鯛を、甘辛い照り焼きと分厚く切った刺身の両方で豪快に味わえるのが、室戸キンメ丼です。室戸市のご当地グルメとして、市内のさまざまな飲食店で提供されており、室戸キンメ丼と認定されるにはいくつかのルールがあります。

<室戸キンメ丼のルール>

・正式名称は「室戸キンメ丼」とする。 
・室戸沖でとれた金目鯛を使う。 
・具材は高知県産にこだわる。 
・ご飯に「室戸産金目鯛の照焼き」と「地魚の刺身」をのせる。 
・各店独自の「金目鯛のダシ」をつける。 
・価格は1,700円(税込)

どのお店を選んでも値段が同じなのは嬉しいところ。また、地元ならではの新鮮な金目鯛を、刺身、照り焼き、お茶漬けとさまざまな味わいで余すことなく楽しめるので、室戸キンメ丼を味わうために、足を運ぶ人も少なくありません。ただし、漁の状況によっては提供できないこともあるので、確実に食べたい場合は事前に連絡するのがおすすめです。

室戸キンメ丼をいただけるお店はこちら!

料亭 花月

【住所】 高知県室戸市室津2586
【電話】0887-22-0115
【アクセス】JR高知駅より車で約2時間

 

高知の特産品を使った人気のお土産

旅行中においしいご当地グルメを味わったら、帰りを待つ家族や友達においしいお土産を買って帰りましょう。高知の特産品を自宅でも味わえる、人気のお土産を紹介します。

明神丸「鰹のたたき 」

焼きたての本場の藁焼き鰹たたきが自宅でも味わえます。一本釣りで釣り上げた脂がのった鰹を、船の上で急速冷凍して藁焼きにしています。本場のように厚切りにしてお好みの薬味で味わいましょう 。

内容量:(中)2節セット
価格:2,490円(税込)

<販売店舗例>

「藁焼き鰹たたき明神丸大橋通り店」

【住所】高知市帯屋町2-4-15
【電話番号】088-821-8808
【営業時間】10:00〜19:00(日曜は9:00〜)
【アクセス】JR高知駅より車で約7分、路面電車をご利用の方は大橋通駅下車、徒歩約1分

 

高知カンパーニュブルワリー「TOSACO ゆずペールエール 」

内容量:330ml
価格:660円(税込)

高知県産のゆずの皮を使ったクラフトビール。ほのかに香るゆずのフルーティーさと豊かなフレーバーが魅力で、ビールが苦手な方にもおすすめです。その他にも、高知カンパーニュブルワリーでは4種のホップと土佐文旦の果皮を使用して作られた「TOSA IPA」、高知県産米と仁淀川のほとりで育った山椒入りの「KOME WHITE ALE」もあります。

【記事】高知産にこだわったクラフトビール作りのために大阪から高知県香美市へ移住ークラフトビール職人・瀬戸口信弥ー

<販売店舗例>

「土佐せれくとしょっぷ てんこす」

【住所】高知県高知市帯屋町1丁目11-40 新京橋プラザ
【電話番号】088-855-5411
【営業時間】9:00~21:00
【アクセス】JR高知駅より車で約7分、路面電車をご利用の方ははりまや橋駅下車、徒歩約2分
※その他のお店でも購入は可能です。

 

菓子処 青柳「土佐ジロール 」

内容量:1本入り
価格:1,080円(税込)

自然に近い環境の中で育った土佐ジローは、肉だけでなく卵も味が濃厚!そんな、土佐ジローの濃厚な卵を使ったロールケーキ。ふわふわ感の高いスポンジと口どけの良い高知県産生クリームを使ったロールケーキは、一度食べるとまた食べたくなる美味しさです。冷凍保存もできるので、お土産におすすめ。

<販売店舗例>

「菓子処 青柳 本店」

【住所】高知市はりまや町1丁目4-1
【電話番号】088-861-6066
【定休日】水曜日
【営業時間】10:00~18:00
※GW、お盆、年末年始等繁忙期は変更になる場合があります。店舗までお問合せ下さい。
【アクセス】JR高知駅より車で約3分、路面電車をご利用の方ははりまや橋駅下車、徒歩約3分

 

青柳銘菓「無添加フルトマ完熟ゼリー 」

内容量:1個
価格:270円(税込)

フルーツトマトの美味しさを凝縮した、口どけの良い爽やかな甘みのゼリーです。高知産のフルーツトマト「池トマト」をたっぷり使用して作られたゼリーは、冷やして食べるとさらにスッキリとした味わいに。無添加なので小さいお子さんも安心して食べられます。

<販売店舗例>

「菓子処 青柳 本店」

【住所】高知市はりまや町1丁目4-1
【電話番号】088-861-6066
【定休日】水曜日
【営業時間】10:00~18:00
※GW、お盆、年末年始等繁忙期は変更になる場合があります。店舗までお問合せ下さい。
【アクセス】JR高知駅より車で約3分、路面電車をご利用の方ははりまや橋駅下車、徒歩約3分

 

ナカイチ海産「キンメ鯛の干物 」

内容量:約300~600g
価格:1,400~1,800円(税込)※魚の重さによって金額は異なる

室戸産の金目鯛を使い天日干しで作られた干物。「海洋深層水の塩」と「赤穂天塩」をブレンドして干物を作っています。その他、室戸の食材にこだわった干物も多数あります。

<販売店舗例>

「ナカイチ海産」

【住所】高知県室戸市室戸岬町5384-7
【電話番号】0887-22-0725
【営業時間】7:30~18:30
【アクセス】高知駅から車で約1時間50分

 

高知へ行ったら特産品グルメを思う存分堪能しよう 

高知県は海や川、山などの豊かな自然に恵まれており、清流や黒潮の恩恵を受けた多くの特産品があります。

有名な鰹のたたき以外にも、土佐ジローや金目鯛などのご当地グルメも充実。加工品ならお土産にもできます。

高知に旅行へ行く時はぜひ特産品グルメを堪能してみてくださいね。

 

※価格はすべて税込表示・2022年3月時点のものです。
※価格は変動することがございますので予めご了承ください。
※定休日や営業時間は変更する可能性がありますので、最新情報は各施設や店舗へお問い合わせください。