高知家の◯◯高知家の◯◯ 高知県のあれこれまとめサイト
高知県のあれこれまとめサイト
  • facebook
  • x
  • instagram
  • youtube
 

【高知グルメ】自動販売機で24時間いつでもスイーツ!「カルチャー分室」ほっとこうちオススメ情報

       

この情報は2024年2月26日時点の情報となります。

高知を元気にする応援団を屋号に掲げる出版社「ほっとこうち」が、高知のグルメ情報を紹介していくシリーズ。今回は、お菓子と雑貨のお店「カルチャー分室」をご紹介。

やってきたのは、高知市塩屋崎に店を構える「カルチャー分室」。高知市中心部から車で約10分の場所にある。

元々は「thee culture」(カルチャー)という店名で2010年にオープンし、2013年に現在の場所に移転。そしてその翌年には店名を「カルチャー分室」とし、雑貨ファンやお菓子好きに長く愛されているお店だ。

今から約2年前には「お菓子が買える桃色自販機」が店頭に登場し、24時間・年中無休で手作りのお菓子が買えると話題になった。

自販機に並ぶのは、クレープやプリンなど要冷蔵のもののほか、ビスコッティやクッキーといった焼き菓子など。

手作りの家庭的な味が楽しめることはもちろん、リーズナブルな価格設定も嬉しい。

店主の前田さんいわく「夜中と朝の7~8時頃がよく売れる」とのことで、1日2回補充をしているものの、売り切れることも多いそう。

季節のクレープ「いちごソースと苺のクリーム」は、もっちりとした生地にイチゴクリームとソースがたっぷり詰まっている。

一口頬張れば口の中いっぱいにフワフワのクリームとイチゴの香りが広がり、ボリューミーながらペロリとたいらげてしまう美味しさ。

お菓子は店内でも購入可。

オープンするのは週1~2回で、事前にInstagram(@culturebunshi2)にて告知している。

季節の素材を使った手作りの味が並ぶので、気になる方はぜひチェックを。

オープン時に店に行けないという方でも、自販機でいつでも購入できるのが嬉しい♪

お菓子コーナーのほか、店内にはハンドメイド作家さんの作品がズラリ。

どれも手作りの温かみが感じられる品ばかりなので、手にとってじっくりとお気に入りを見つけてみてほしい。

ここで、店主の前田さんにお話を伺った。

-店名の由来を教えてください。

前田さん:音楽が大好きで、中でもTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTのファンなのですが、彼らの楽曲「カルチャー」から拝借し、店名にしました。

-お菓子作りはどんなところにこだわっていますか?

前田さん:できる限り高知県産の食材を使うことを心がけています。お菓子は一つひとつ手作りしているので、家で食べるおやつのような、温かみのある雰囲気を出せたらいいなとも思っています。

-読者の方にメッセージをお願いします。

前田さん:お菓子の自販機では24時間いつでもお菓子を販売しておりますので、皆さんのご都合の良いタイミングで気軽にいらしていただけたら嬉しいです。

作り手の思いが伝わる手作りの味。店頭はもちろん、24時間購入可能な自販機で、ぜひその味わいを楽しんでみて。

 

カルチャー分室

住所:高知市塩屋崎町2-5-15
TEL:088-855-5263
営業時間:オープン日はInstagram(@culturebunshi2)でお知らせ。桃色自販機は24時間営業中

 

提供:ほっとこうち
https://hotkochi.co.jp/

 

関連記事