高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram
 

透き通った豚骨スープが決めての塩ラーメン「ゴクボシ」ほっとこうちオススメグルメ情報

       

この情報は2022年10月31日時点の情報となります。

高知を元気にする応援団を屋号に掲げる出版社「ほっとこうち」がオススメする、高知のグルメ情報を紹介していくシリーズ。今回は、人気ラーメン店「ゴクボシ」の新メニューをご紹介します!

line

やってきたのは、高知城など高知の観光スポットからほど近い高知市本町にある「ゴクボシ」。

つけ麺のようなスタイルで提供する蕎麦「つけSOBA」が人気の「ゴクツブシ」の系列店だ。

「飽きがこないメニューがたくさんあって、毎日でも食べられるラーメン」がコンセプトの「ゴクボシ」に、新たに誕生したのは「塩シリーズ」。

こちらは、「塩中華そば」(830円)。

塩シリーズは、高知では珍しい「豚清湯(ぶたちんたん)」がベース。

いわゆる豚骨スープは、砕いた豚骨を高温で炊くことでまろやかで白濁したスープが完成するが、「豚清湯」は豚骨はあえて砕かず、低温でじっくりとダシを抽出し、旨味をギュッと凝縮させている。時間をかけることで、旨味はしっかりとあるが透き通ったスープを作ることができるのだ。

魚醤をプラスしてエスニックな雰囲気を演出しているオリジナルの塩だれと合わせ、まるでフォーのような味わいをラーメンに加えている。

製麺所で作ってもらっているオリジナルの中太麺がスープを含み、食べ応えバツグン。

コクはあるのにさっぱりと食べられるラーメンだ。

こちらの「塩まぜそば」(760円)も塩シリーズのひとつ。

「まぜそば」というとガッツリ濃い味を想像するが、大きなチャーシューの下にはネギ、大葉が隠れていて、混ぜながら食べるとさっぱりとしていて新感覚だ。

まずはそのまま一口、食べ進めたら、唐辛子やタバスコで味変したり、シメにスープ割していただくのがおすすめ!

ここで、店主の谷道さんにお話を伺った。

-谷道さんは高知市愛宕町で人気だったラーメン店「二星(にほし)」を営まれていたそうですね。

谷道さん:そうなんです。「二星」は2020年に閉店し、「ゴクツブシ」とコラボした現在のお店をオープンさせました。なので、両店の名前を掛け合わせて「ゴクボシ」と名付けました。

-おすすめのラーメンを教えてください。

谷道さん:今回食べていただいた「塩中華そば」のほかに「塩ラーメン」もあるのですが、そちらもおすすめです。細麺を使用した、シンプルであっさりとしたラーメンで、誰もが好きな味です。

-読者にひとことお願いします。

谷道さん:コロナに負けずに頑張りましょう。

お店の二枚看板である「中華そば」と「混ぜそば」。そこに合わせるモチモチ食感の中太麺と歯切れの良い細麺のオリジナル麺。おすすめの組み合わせを聞くのもいいし、自分好みの組み合わせを探すのも楽しそうだ。

 

ラーメン ゴクボシ

住所:高知市本町5-6-48
TEL:088-824-1239
営業時間:午前11時〜午後2時30分、午後5時〜午後8時
定休日:土曜の夜、日曜
※臨時休業、営業時間の変更等は、Instagram「@ramen_gokuboshi」Twitter「@ramennihoshi121」にてチェック

 

提供:ほっとこうち
https://hotkochi.co.jp/