高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram
 

忙しい時こそ来たくなるうどん屋でいただく美味と時間「うどん処 楓」美食おじさんマッキー牧元の高知満腹日記

この情報は2022年6月5日時点の情報となります。

立ち食いそばから割烹にとんかつ、フレンチにエスニック、そしてスイーツから居酒屋まで、年間600回外食をし、料理評論、雑誌寄稿、ラジオ、テレビ出演を超多忙にこなす「美食おじさん」ことフードジャーナリストのマッキー牧元さんが、高知の料理店・生産者さんをめぐって紹介する高知家の〇〇の人気連載記事「高知満腹日記」。今回は「うどん処 楓」で美味しいうどん3杯いただいて来ました。

line

閑静な住宅街の中で、楓の木が気持ちよさそうに枝を伸ばしていた。

ここは高知市の西南、朝倉南にある「うどん処  楓」である。

高知では10数軒のうどん屋に行ったが、ここは最も店構えに風情がある。

店内に入ると、数人の女性客が静かにうどんを楽しんでいた。

近隣の人以外は、車でしか行けない場所にあるが、多くのお客さんに愛されているのだろう。そんな空気が漂っている。

まずは、うどんの実力がわかる、「生しょうゆうどん」を頼んでみた。

おおっ、なんと艶やかなのか。うどん一本一本がてらりと輝き、「早く食べて」と誘われる。

むむう。コシが強い。16〜8回ほど噛んでようやく口の名から消えていく、根性を見せるうどんである。

微かな塩気とほんのりとした甘さがあって、そこに醤油と酢橘かけると、さらに甘みが膨らんでくる。

それが面白く、瞬く間に食べてしまった。

よし、お次は「釜玉うどん」といってみよう。

ああ、卵の甘みとうどんの甘みが共鳴しあう。

さらにそこへ醤油をかけると旨味が増え、つるるとこちらも、瞬く間に食べ終えてしまった。

最後は重鎮「カレーうどん」といってみた。

カレーは、まろやかさの中にスパイシーな刺激があってたまらない。

刺激のツンと、カレーの中に潜んだ甘みのデレ。

いいカレーうどんは、このツンデレ具合のバランスがいい。

ツンデレがあってこそ、うどんと馴染む。

具は、ネギと千切り生姜と牛バラ肉で、千切りと一緒にすすると香りも加わって、ますます魅力的になる。

店は2015年に自宅を改造し、楓を植えて始められたとのこと。

ラーメン屋やうどん屋は男客が多い。

そこで、ご主人は女性が一人で来られる店をめざしたのだという。

その甲斐あって、いまでは7割が女性客である。

美味しいうどんを食べるだけでなく、鄙びたこの場所でのんびりと過ごすのが好きなのだろう。

それは、仕事の忙しい時こそ、来たくなるうどん屋なのである。

高知県高知市朝倉南町「うどん処  楓」にて