高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram
 

愛する地元 高知の味を届けたい! 東大阪「土佐旬菜 万次郎」

この情報は2022年4月8日時点の情報となります。

line

大阪府東大阪市のJR河内永和(かわちえいわ)駅から徒歩2分の場所にある「土佐旬菜 万次郎」。土佐料理をメインに、ランチタイムには高知の地魚を使った定食や、夜は高知ならではの日本酒なども味わえるお店です。

土佐田舎寿司やトンゴロイワシなど、地元の味を忠実に守った料理は高知出身のお客さんに、故郷の味を思い出させる懐かしい味。漁港から直送して取り寄せる新鮮な魚や野菜で、土佐の旬を提供しています。

今回は、店主の小橋さんにお店のこだわりや、高知への想いについてお伺いしました。

地元の食材をふんだんに使った郷土料理

-こちらではどのような料理がいただけるのでしょうか?

小橋さん:カツオの塩たたきや、ウツボのたたきなどの土佐料理です。魚は須崎漁港から直送してもらっているので、新鮮さが自慢ですね。

-新鮮な魚を仕入れているのですね。料理へのこだわりはありますか?

小橋さん:高知の地元の人が食べている料理をお出しすることですね。にろぎ炙り、メヒカリ唐揚げ、イタドリいためなど、大阪ではあまり出回っていないものをメニューにしています。

また、うちは地元・高知の味を大切にしていて、大阪に合わせた味付けなどはしていません。土佐田舎寿司は酢飯に柚果汁で香りを効かせて甘めの味付けをし、地元の味を忠実に再現しています。高知出身のお客さんは「高知の味だ、懐かしい!」と言って喜んでくださいます。

日本酒も高知ではよく出るけれど、大阪では珍しいものを揃えています。大阪ではうちでしか味わえないものも多いと思いますよ。

-それはとても気になります。そんな「万次郎」さんですが、お店の名前はご店主のお名前ではないそうですね。どのような由来があるのか教えていただけますか?

小橋さん:高知の偉人というと、坂本龍馬を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。でも、高知には幕末から明治にかけて活躍した人がいっぱいいるんです。その中でも僕が好きなのはジョン万次郎(本名:中浜万次郎)。日本の開国に貢献した素晴らしい人です。店の名前を通して高知の偉人をもっと知っていただけたらいいな、と思います。

高知ならではの地元料理を提供

-高知から大阪に出てこられたきっかけを教えていただけますか?

小橋さん:大阪で料理の修行をするためですね。でも、はじめに就職したレストランがセントラルキッチン方式だったので、修行にならなくて…。当時、高知には大手のチェーン店がなく、セントラルキッチンなんてものがなかったので、目にしたときは「こんなシステムがあるなんて」とおどろきましたね。その後、中華料理店で修行し、独立し

-そうなのですね。そこから、どういった経緯で「万次郎」を大阪で開業されることになったのですか?

小橋さん:大阪に高知料理のお店はたくさんありますが、地元の食卓に並ぶような、高知ならではの料理を出しているところはほとんどありません。自分が美味しいと思っている地元の味を楽しんでもらおうと思い、大阪でお店を始めました。

今後の事業展開について

-今後、どのようなお店にしていきたいですか?

小橋さん:うちは常連さんが多くて、遠方からわざわざ電車に乗って食べに来てくださる方がたくさんいます。料理を楽しみに来てくださるお客さんに、変わらず高知の味を届けたいと思っています。

あと、高知のいいところをアピールしていきたいですね。よくお客さんに「高知に行くのだけど、おすすめのお店ってある?」と聞かれます。その際は、観光用パンフレットに載っていないような地元の人が好んで行く安くておいしいお店を紹介しているんです。大阪に戻られて「おいしかった!」と言ってもらうと本当にうれしいですね。

-高知のことが本当にお好きなんですね。大切にされているのが伝わってきます。

小橋さん:好きです。これからも高知のいいところを、お客さんに伝えていきたいですね。

高知県への想い・高知県人としてのプライド

-高知のどんなところが好きですか?

小橋さん:人が温かいのもそうだし、自然が広がる景色も、美味しいものがたくさんあるところも好きですね。だからこそ、高知の食材を使って、地元の味をお店でお出ししています。

高知というとカツオのたたきが取り上げられますが、トンゴロイワシやメヒカリといった小魚類もおいしいんです。また、山の幸のイタドリや四方竹(しほうちく)なども高知を代表する味だと思っています。

-海の幸だけでなく、山の幸も! 関西では、あまり聞きなじみのない食材ですね。

小橋さん:地元の食卓では当たり前に出ますが、こちらではほとんど見ないですよね。高知にはおいしい食材がたくさんあるのに、その味を知られていないのはもったいないことだと思います。

僕が高知の食材を使っているのは、高知への恩返しでもあります。高知のおいしい食事をみなさんにお出しすることで、高知の魅力を知ってもらえれば嬉しいですね。

店舗情報

土佐旬菜 万次郎

土佐料理店

店主:小橋 健治

創業時期:平成26年6月

住所:大阪府東大阪市高井田元町1-2-2

URL:なし

電話番号:06-6787-3008

営業時間:昼11:30〜14:00、夜17:00〜23:00

定休日:不定休

 

【記事】関西関連記事を読む