高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram
 

お待たせしました!やってきました!2年ぶりの開催!皆様お待ちかねの「高知大道芸フェス2022」全出演者紹介 vol.1

       

この情報は2022年9月28日時点の情報となります。

2022年10月1日(土)、10月2日(日)の2日間、高知の「おまち」に高知県民が待ちわびた「高知大道芸フェス」が帰ってきます。

line

高知の「おまち」に大道芸が帰ってくる!!!!

世代や性別、国籍に関わらず、誰もが楽しめるエンターテイメントである大道芸。

そんな大道芸の「楽しさをたくさんの人と分かち合いたい、そして高知の街の元気につなげたい」との想いから、2017年に初めて開催された「高知大道芸フェス」。

以来、毎年秋に開催され、国内外で活躍する大道芸人が披露するトップレベルのパフォーマンスは高知県のみなさまに笑いと感動を届け、「高知の秋の風物詩」として定着してきた。

しかし昨年、新型コロナウイルスの感染拡大により、「高知大道芸フェス2021」は開催延期を決定し、2月開催に向け準備を進めていたが、高知県に「新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置」が適用されることとなり、残念ながら中止となってしまった。

楽しみに待っていた多くの高知県民が落胆し、新型コロナウイルス感染症を恨んだものである。

だが今年、高知の「おまち」に大道芸が、笑いが、感動が帰ってくる。

今回は「高知家の〇〇」取材班が、2022年10月1日(土)、10月2日(日)に開催される「高知大道芸フェス2022」の、最高に楽しい素敵な出演者たちを3回に渡って紹介します。

高知の「おまち」についてはこちらの記事から→【記事】高知県民がよく使う「おまち」ってどこ?

 

不思議な世界で聴衆を魅了する、マジッククイーン「荒木 巴」

まず最初に紹介するのは、今回「高知大道芸フェスタ」待望の初出演!

テレビ番組にも数多く出演する女性お笑いマジシャン、「荒木 巴(アラキトモエ)」です。

世界14ヶ国5000回以上のマジックショーで磨かれた確かな技術と、ほとばしるパッション!

独特なキャラクターが織りなす、不思議な世界に中毒者が続出中。

今回も高知県を驚きと、爆笑の渦に巻き込むこと必至です。

笑いと不思議があふれるマジックショーを、ぜひその目でご覧下さい。

 

バカバカしくもかっこいい、スタイリッシュコメディユニット「idio2」

つづいて紹介するのは、おとぼけキャラのジャグラーこ~すけと、スタイリッシュなエンターティナーHi2による、ジャグリング×マジック×コメディー=スタイリッシュコメディユニット「idio2(イディオッツ)」です。

クールな音楽に合わせ繰り広げられる、バカバカしくもかっこいいコメディショーは、次々と観客を巻き込み、そこにしかない爆笑と感動を巻き起こします。

特に息の合ったハットジャグリングは必見!

わちゃわちゃモードのユルさと、ビシッとキメるギャップがたまりません。

知らないうちにあなたも共演者として巻き込まれてしまうかも?

見どころたっぷりのパフォーマンスを、ぜひお楽しみ下さい。

 

世界初のけん玉師!けん玉を極上のエンターテイメントに昇華させた、「けん玉師 伊藤 佑介」

通算10度のけん玉日本一と、2つのギネス記録を樹立した「けん玉師 伊藤佑介(イトウ ユウスケ)」が初めて「高知大道芸フェス」にやってきます。

7歳でけん玉を始め、当時日本全国で唯一のけん玉道場に入門し、けん玉に熱中!

世界初のプロけん玉師として、国内外問わず、けん玉ショーやワークショップ、講演会でけん玉の妙技を披露しています。

東京2020オリンピック閉会式への出演や、紅白歌合戦での「けん玉ギネス記録チャレンジ」への参加、数多くのテレビ番組へのゲスト出演でご覧になられた方も多いのではないでしょうか。

伝統的な玩具遊びであるけん玉のイメージを覆す、アクロバットやジャグリングを織り交ぜた「けん玉パフォーマンス」は、瞬き厳禁です!

 

必殺必笑ボディーブロー型パントマイム絵巻in高知、今日からあなたも加納信者「加納 真実」

シュールを極めた世界観で、カリスマ的人気を誇るパントマイミスト、「加納 真実(カノウ マミ)」がまた高知にやってきます。

今日も今日とて青いジャージに身を包み、昭和歌謡をバックミュージックに、時にコミカルに、時に狂気すら感じさせる時間を紡ぎます。

すべての大人と子供たちに捧げる、一度見たら忘れられない、そして必ずや虜になる「必殺必笑ボディーブロー型パントマイム絵巻in高知」。

これは芸かアートか、それともただの自己満足か・・・。

ぜひ自分の目で、お確かめ下さい!

 

日本が世界に誇る兄弟ジャグラーコンビ、「桔梗ブラザーズ」

兄・桔梗 篤と弟・桔梗 崇の、兄弟ジャグラーコンビ、「桔梗ブラザーズ(キキョウブラザーズ)」が、4度目の「高知大道芸フェス」出演です。

ジャグリングの国内大会を総なめにし、2005年エンターテイメントの聖地・ラスベガスで開催された世界大会では日本人初の銀メダルを獲得!

世界的サーカス集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」に公式登録されるなど、世界を舞台に活躍しています。

クラブパッシングと呼ばれるクラブを2人で投げ合う演技は必見で、特に10本のクラブを高速で投げ合う超難度の演技「10クラブパッシング」はまさに圧巻です。

DNAレベルでリンクする、息の合ったダイナミックなジャグリングパフォーマンスが高知を熱狂の渦に巻き込みます。

 

「高知大道芸フェス2022」のプログラムはこちら

高知の「おまち」に少しづつではあるが、穏やかな日常と笑いが戻ってきている。

もちろんまだまだ、新型コロナウイルス感染症への対策は怠ってはならないが、ほんのひとときでも心から笑い、出演者に大きな拍手を送ってもらいたい。

出演者はもちろん、スタッフ・関係者、そして「高知家の〇〇」取材班も心から願っている。

高知の「おまち」に笑いと感動を広げるため、ぜひ「高知大道芸フェス2022」に足を運んでみていただきたい。

【新型コロナウイルス感染拡大防止対策について】

・お客様同士の蜜を避け、まわりの方と距離を取りながらご覧ください。状況によっては、ご観覧をお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

・観覧の際にはマスク着用でお越しください。会話はマスクをしたままで、またご飲食の際はまわりの方々へのご配慮をお願いいたします。(保護者同伴の未就学児は未着用可)

・37.5℃以上の発熱がある方や、体調のすぐれない方はご来場をお控えください。

 

【お問い合わせ】高知大道芸フェス実行委員会 TEL:088-854-6133

(受付時間:土日祝日除く11:00~17:00)

 

取材協力:有限会社 イグジットオーガニゼイション