高知家の◯◯高知家の◯◯ 高知県のあれこれまとめサイト
高知県のあれこれまとめサイト
  • facebook
  • twitter
  • instagram
 

【高知観光情報】植物博士 牧野富太郎の生まれ故郷・佐川町をご紹介!4月24日の牧野富太郎博士の生誕日に向けてイベントも開催

       

この情報は2023年4月20日時点の情報となります。

line

世界的な植物学者・牧野富太郎博士は、文久2(1862)年4月24日に現在の高知県佐川町で生まれました。

今も当時の風情が残る佐川町は現在放送中の連続テレビ小説「らんまん」でも、いくつか登場しています。

酒蔵の道

第2週「らんまん」の放送で、勉学に目覚めた槙野万太郎が家と名教館の間を疾走する場面で、佐川町の「酒蔵の道」と呼ばれる町並みがでてきました。

万太郎の実家は酒造業を営んでいますが、佐川町の町には今でも土佐を代表する「司牡丹」の酒蔵が並びます。

撮影時には、道路に土を巻いてコンクリートを消し、当時の雰囲気を出しながら撮影したそうです。

 

青源寺(名教館として)

佐川公園のふもとにある青源寺の階段が、万太郎が学んだ名教館の入り口として登場しています。

第2週の放送では何度も出てきましたが、美しい苔が印象的でした。

名教館とは、江戸時代に佐川を収めていた深尾氏の家塾から発展し、牧野富太郎をはじめ、多くの幕末の志士を輩出しています。

今でも玄関部分が移築され、佐川の町の中心地「上町(うえまち)」に見ることができます。

 

4月22~23日は「生誕161年 牧野富太郎博士生誕祭」を開催

演奏パフォーマンスや参加型イベント、いろいろな出店も並ぶので、お店をのぞきながらまちを散策してみては。

https://sakawa-kankou.jp/event/39

 

さかわ・おちの移動には花*花ループバスがおすすめ!

期間中は、混み合うことが予想されます

令和5年2月~5月の土・日・祝、GWの5/1(月)・5/2(火)に運行している、佐川町と越知町を巡る無料シャトルバス「さかわ・おち 花*花ループバス」をご利用ください。

仁淀川流域で使えるランチパスポート(限定品)や、「牧野博士の新休日」公式ノベルティ、地元で愛されるご当地ドリンク(先着)などの乗車特典もついて、お得です!

https://niyodoblue.jp/feature/detail.php?id=21

その他、佐川町の見所はこちらで紹介しています

https://kochi-tabi.jp/makino-expo/sp-sakawa-trip.html

 

【高知県観光博覧会「牧野博士の新休日~らんまんの舞台・高知」】 

 https://kochi-tabi.jp/makino-expo/