高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram
 

【人材募集】カツオの町 高知県中土佐町で400年続くカツオ一本釣り漁師の後継者募集中です!

       

この情報は2022年11月12日時点の情報となります。

カツオの町、高知県中土佐町役場のまちづくり課から、伝統のカツオの一本釣り後継者募集のお知らせです。是非、ご覧ください。

line

カツオの町、中土佐町は、今から15年ほど前に海辺のまち「旧中土佐町」と山間部のむら「大野見村」が合併してできた、海・山・川の魅力がギュッと詰まった、高知県を凝縮したような町です。高知県の中西部に位置し、人口は6,200人ほど。

町内で最も人口の多い久礼(くれ)地区は沿岸部にあり、高知県民のソウルフードであるカツオの一本釣りで有名で、町内人口の約2/3が久礼地区に暮らしています。

久礼地区の中心、JR土佐久礼駅のまわりには、役場・消防などの公共機関や金融機関、スーパー、ドラッグストア、ホームセンターなどが半径2キロ以内にそろっています。

また、町の玄関口、高知自動車道中土佐ICからは、高知市や高知龍馬空港まで1時間程度で移動が可能であり、県中心部へのアクセスも良好です。

久礼地区以外の沿岸部には上ノ加江(かみのかえ)地区、矢井賀(やいか)地区があり漁業や農業を中心とした生活が営まれています。

山間部の大野見地区は、四万十川の上流域標高300メートルの静かな地域で、米やしょうがなど農業が盛んな地域です。

冬場には雪が積もることもあり、四万十川にかかる沈下橋が雪化粧された景色は絵葉書の様な美しさです。

先に紹介した久礼地区の港には、高知県沿岸で漁師が釣り上げてきた鮮度抜群のカツオが並び、朝市で競り落とされたカツオは、その日のうちに町内外の鮮魚店等の店頭に並びます。

なかでも町内の観光名所、大正町市場にはカツオにうるさい高知県民をはじめ、たくさんの観光客が訪れ、春先の初ガツオや秋の戻りガツオ、また季節の魚に舌鼓をうっています。

そんなカツオの町、中土佐町の基幹産業である漁業は近年高齢化により担い手が減少し、後継者不足に頭を抱えています。特に400年続くカツオの一本釣りの後継者の確保が難しくなってきています。

現在、船に乗っている漁師の方々も年々高齢になってきているため、このままだとカツオ一本釣り漁の伝統が途絶えてしまうかもしれません。

そこで、中土佐町では地域外から将来の担い手となる人材を受け入れ、水産業振興のために、また、カツオ一本釣り漁の伝統を途絶えさせないためにも、意欲のある方を地域おこし協力隊として募集しています。

次からは、業務の内容や、よくあるご質問への回答をお伝えします。

誰でも最初は初心者!目指すは一人前の一本釣り漁師!

着任後の主な活動は漁船での仕事がメインで、乗組員と共に漁に出ます。業務については経験豊富な先輩漁師がサポートします。最初の1年間で仕事を覚えていただき、2年目以降は仕事に慣れてもらいながら3年間従事してもらいます。任期後はそのまま一本釣り漁船の漁師として働くことができます。

地域おこし協力隊として着任し、任期後の定住を希望する方は4年目以降の仕事で悩むケースが多いようですが、このミッションの場合、希望すれば、任期後も引き続き一本釣り漁師として勤務することが可能です。

漁以外には調理やイベントの仕事もあります

漁のない時期は漁協や水産加工場で勤務してもらいます。獲った魚を捌くなど、調理技術も身につきます。漁協での活動やイベント支援などで中土佐町の水産業の振興に携わることができます。

勤務形態は?

地域おこし協力隊としての勤務は週4日。漁があれば休日も乗組員として働くことができ、報酬がもらえます。

隊員としての活動以外に出漁した場合に得た報酬は副業として取り扱いますので、水揚げがあればあるほど、それに応じた報酬が期待できます。

漁師って大変そうですが?

漁師さんからは、仕事はとても大変だと聞きます。夜に港を出港し、ナブラ(カツオの群れ)が見つかれば日の出とともに漁が始まります。

船の保冷庫がいっぱいになれば帰港。基本的には日帰りで港に帰ってきますが、繁忙期は同日の夜に再び出港する日もあります。

体力的にも精神的も大変な仕事ですが、カツオがよく釣れ、良い値がついた年は船の見習い漁師でも年収1,000万円を超えることもあるようで、頑張りに見合う報酬は大きなやりがいの一つのようです。

最後に(担当者からこの記事を読んでくれた方へ)

本町の募集に興味を持っていただきありがとうございます。

カツオの一本釣りは大変な仕事ですが、水平線から昇る朝日や、クジラやイルカが大海原を泳ぐ様子など、陸の仕事では見ることのできない景色を見ることができます。

また、釣りたてのカツオを船の上で捌いて作る漁師飯は陸では絶対に味わうことはできません。

少しでも興味がわいた方、どんな些細なことでも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。

募集条件の詳細

中土佐町HP

https://www.town.nakatosa.lg.jp/life/detail.php?hdnKey=876

(3)水産業活性化支援業務

 

記事・写真提供:高知県中土佐町役場まちづくり課