高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram
 

新鮮な魚をじっくり味わう「ビンビン!海鮮メシ。」ほっとこうちオススメグルメ情報

この情報は2022年9月19日時点の情報となります。

高知を元気にする応援団を屋号に掲げる出版社「ほっとこうち」がオススメする、高知のグルメ情報を紹介していくシリーズ!今回は、はりまや町より移転オープンを果たした「ビンビン!海鮮メシ。」をご紹介。

line

今回ご紹介するお店は、高知市の中心商店街にある「ビンビン!海鮮メシ。」。

ひろめ市場や高知城といった観光地から程近く、高知市民の台所と言われる「大橋通り商店街」を西へ1本入った角にある。

実はこちら、以前はりまや町にて間借り営業をしており「新鮮かつリーズナブルに魚が楽しめる」と話題になり、2022年4月に満を持して実店舗をオープンしたお店なのだ。

店内には調理シーンが間近で見られるカウンター席と、座敷が2つ用意されている。

早速、店主おすすめのメニューを注文した。

運ばれてきたのは、いろいろな魚介をひとり占めして楽しむことができる、卓上鉄板の海鮮焼き「お1人様海鮮焼きセット」(写真左奥、1200円)と「盛り合わせ」(写真手前と右奥、2500円〜)。

「素材自体が十分美味しいので、余計な味は加えずシンプルに」というのが店主流。

焼くうちに香ばしい匂いが広がる。

いい焼き色がついたら一口がぶりと頬張り、すかさずお酒をグビリ。

じっくり好きなペースで焼きながら、お酒とともに楽しむことができるのが嬉しい。

「刺身の盛り合わせ」(写真手前左、1600円)や「晩酌セット」(写真奥、1200円 ※生ビール付き)などゆったりと晩酌を楽しめるメニューはもちろん、「赤酢寿し飯海鮮丼」(写真手前右、あら汁付き 980円)といったご飯ものも人気なのだそう。

ここで、店主の浦岡さんにお話を伺った。

-まず、店名の由来を教えてください。

浦岡さん:鮮魚の店なので、イキのよさを出したいなと思い「ビンビン」をつけました。「メシ」には、気軽な感じできて欲しいという思いを込めています。

-なぜ鮮魚を扱うお店をオープンされたのですか?

浦岡さん:私は須崎市出身で、幼い頃から美味しい魚を食べて育ちました。友人が須崎を訪れた際に「須崎の魚は驚くほど美味しい!」と言ってくれたのが本当に嬉しくて。もっと多くの人に知ってもらいたいと思い、サラリーマンから転職を決意して今に至ります。

-では、お店で出されている魚は須崎で獲れたものなんですか?

浦岡さん:ほとんどが須崎産です。産地直送で本当に鮮度がいいので、ぜひ刺身で食べて欲しいですし、食べた方の活力になれば嬉しいです。

今の季節にはメジカの新子など季節に合わせた鮮魚も登場している。須崎の鮮魚を思う存分お楽しみあれ。

 

ビンビン!海鮮メシ。

住所:高知市帯屋町2-4-5 2F
TEL:080-5624-8096
営業時間:午前11時30分〜午後2時30分(オーダーストップ午後2時)、午後5時〜午後9時(オーダーストップ午後8時30分)
休:月曜日
P:無し

 

提供:ほっとこうち
https://hotkochi.co.jp/