高知家の◯◯
  • facebook
  • twitter
  • instagram
 

アクセス抜群の日帰り温泉「かがみ温泉RIO」で過ごすほっこり時間

この情報は2022年1月14日時点の情報となります。

自然豊かな高知県では、高知県観光キャンペーン「リョーマの休日」を開催中!
今回は、高知市鏡村にある「かがみ温泉RIO」をご紹介します。

line

今回やって来たのは、高知市北部・鏡地区(旧鏡村)にある温泉施設「鏡文化ステーションRIO」。

高知市中心部から車で30分足らず。公共交通を使うなら高知駅から県交北部交通「川口」行きのバスで「鏡庁舎前」下車→歩いて3分ほどでたどり着きます。

「RIO」は、温泉・レストラン・ギャラリー・公民館・図書館が入った文化複合施設です。

高知市街から浦戸湾へと流れ込む鏡川の上流のほとりに建ち、澄んだ空気と川のせせらぎに癒されます。

2018年にリニューアルオープンした温泉は、明るく清潔な空間。

アルカリ泉質の「美肌の湯」であり、湯冷めもしにくく体の芯からぽかぽかになります。

外の景色を眺めながら、のんびりお風呂で過ごす時間は格別♪

春には窓の外の桜が満開になるそう!

サウナもあるのが嬉しいポイント。

お湯を沸かす際は環境に配慮したバイオマス燃料を使用しています。

また、最新式の殺菌装置を導入しているためお湯が塩素臭くなく、お肌への負担も少ないのだそう。

施設内にある温泉スタンドでは、10円(10L)で温泉水を持ち帰ることができ、温泉好きのお客さんに人気です。

お風呂上りには休憩スペースでひとやすみ。

隣にはレストランもあるので、お昼ご飯はぜひこちらで。

メニューはがっつり系の定食から、一品料理までバラエティ溢れる品揃え。

目玉は「ツガニ」を使ったメニュー。

ツガニとはモクズガニとも呼ばれる淡水のカニで、旬は秋の終わりから冬にかけて。

この時期に鏡川の支流で獲られたツガニを調理して冷凍しておくため、シーズンが終わってからもツガニメニューを楽しめます。

今回はツガニそうめんを注文しました♪

あっさりと滋味あふれるスープに浮かぶのは「こごり」。ツガニを殻ごと粉砕し煮込むことで、ふわふわの旨みがたっぷり詰まった逸品となります。

高知の野菜「りゅうきゅう」との相性も抜群です!

テーブル席のほかに座敷もあるので、ゆったりとお食事が楽しめます。

温泉と食を楽しんだ後は、ぜひギャラリーに♪

建物の3階にある「ギャラリー白雲」では、旧鏡村名誉村民の書家・故川﨑白雲氏の作品を中心に、常設展示を行っています。

驚いたのはその展示数の多さ!

白雲氏の作品はもちろん、ゆかりのある高知の書家の方々の作品が並びます。

書に押す「落款印(らっかんいん)」や硯(すずり)、筆など白雲氏が使っていた道具の数々も。

収蔵品は年に4回展示替えが行われるそうで、季節ごとに違った作品が楽しめそうです。

そして、お子さま連れの方にぜひともお勧めしたいのはこちらの図書館!

どことなく学校の図書室のような、懐かしい空間。

絵本コーナーには、読み聞かせのスペースもあります。

子どもから大人まで楽しめる本がセレクトされています。

温泉・レストラン・ギャラリー・図書館と、半日から1日かけてゆっくりと過ごせる要素が満載の「鏡文化ステーションRIO」。

「高知市中心部から30分足らずで行けるアクセスの良さ、鏡川上流の四季折々の自然。日帰りでのんびりとした休日を過ごすのにぴったりのスポットなので、多くの人に訪れてもらいたいです。」

とおっしゃっていたスタッフの方々。

皆様とても親切で、「RIO」が多くの人から愛される理由が伺えました!

最後に立ち寄ったのは、スタッフの方おすすめの「RIO」のすぐ隣にある直販所「鏡むらの店」。

訪れたのが夕方だったので売り切れの商品もありましたが、地元の野菜やお菓子、お弁当などが販売されています。

普通のスーパーではなかなか巡り合えない商品に出会えるかも…!?

お風呂上がりだったので、この日は鏡地区オリジナルの梅ドリンク「鏡村のんめっ」を購入。

鏡川を眺めながら一口飲めば、ポカポカに温まった体にさわやかな梅ドリンクが沁みました♪

自然・グルメ・温泉・芸術が一度に楽しめる「鏡文化ステーションRIO」は、気軽にのんびり立ち寄れる癒しスポット。

ぜひ、行ってみてくださいね。

 

鏡文化ステーションRIO

住所:高知市鏡大利1番地
電話:088-896-2345
HP:https://kochij-rio.jimdofree.com/


情報提供:リョーマの休日キャンペーン推進委員会
高知県観光キャンペーン「リョーマの休日」特設サイト

https://kochi-experience.jp/

インスタグラム@naturallykochi

大自然を体感するアクティビティをはじめ、カツオの藁焼き体験や、土佐和紙の紙すき体験など、地元の人とふれあいながらほっこり楽しむことができる体験プログラムも充実し、訪れる人それぞれが、魅力的な休日を堪能することができます。

あなただけの新しい休日を、高知で見つけませんか?

「 リョーマの休日 」 で今すぐ検索!